ALL スピードチャンピン まとめたよ

こんにはレゴ社長です。

今回は歴代スピードチャンピオンをまとめてみました。2015年からシリーズ化されて今年で6年目で歴史は短いですが

種類も多くあり車種のラインナップも豊富ですが一方で今年、2020年から大幅なモデルチェンジがあり

実写のデザインに大きく近づきましたよね。それでは2015年から一部を写真と僕の手元にある商品でご紹介させていただきます。

目次

2015年一覧

458 イタリア GT2 75908

153ピース / 発売日2015/3

文句なしにカッコイイのに間違いはありませんが最近の商品と比べると実写の再現度は低め。しかしこの当時としては最高にかっこよく大人気商品でしたよね。

Ferrari 458 Italiaをベースに製作されたレース専用車両。 緑のアクセントカラーも使っていてイタリア国旗のイメージも再現されていますね。

ウイングの再現度は高く実写に近い可動力があります。僕もこの商品を持っていましたが残念ながら当時、2才の息子の玩具になってしまって手元にはありません。

ラ フェラーリ 75899

164ピース / 発売日2015/3

2013年に発表されたスーパーカー ラ・フェラーリ。販売価格は約1億6,000万円と言われています。真の金持ちに相応しい車と言えるでしょう。

有名人だとサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド氏が所有しているといわれています。

当時としてはトップクラスのデザインで完璧な商品だったが現代のレゴ製品と比較すると再現度が見劣りするのが難点ですね。

McLaren P1™ 75909

168ピース / 発売日2015/3

実写価格、1億円のスーパースポーツMcLaren P1。デザインも当時としては最高にかっこよっかたです。

リアウィングが非常に取れやすく貧弱なイメージがある。そこ以外は完璧な商品で黄色というのも嬉しいポイントでした。

実写の曲線を再現するためカーブパーツを沢山使っているのも特徴。当時はフェラーリやポルシェと並べてニヤニヤしてたのが懐しい。

ポルシェ 918 スパイダー 75910

151ピース / 発売日2015/3

何となくですが再現度は高いかもですね。この実車の性質上、再現もしやすくパッと見た感じはポルシェだと言うことがよくわかる。

大きな特徴としてはオープンカー仕様でより実写風を再現されていますね。全体的にシールは少なめでシンプルだけどしっかりかっこよく再現されています。

僕も所有していましたが残念なことに子供に分解されて現在はただのパーツになっています。またいつか組み立てたいですね

マクラーレン・メルセデス ピットストップ 75911

332ピース / 発売日2015/3

F1のピットインを再現した商品でピットクルーのミニフィグも付属します。F1が好き人にはたまらないセットが販売された年でしたね。

ちなみに優勝チームもルイス・ハミルトンが所属するメルセデス。メルセデス好きな人には最高の商品だったでしょう

2015年のF1でのワールドチャンピオンはルイス・ハミルトン。伝説のマクラーレンホンダの復活も話題になった。

F14 T & スクーデリア・フェラーリ トラック 75913

884ピース / 発売日2015/3

写真を見ただけでもボリュームがあるのが分かると思います。大人気のフェラーリのF1カーとガレージトラック。

トラックの後方、ガレージは遊び要素、遊びやすさ、両者共に凄くミニフィグも6体にバイク、小物類など付属品も多く今の時代の商品と比較しても

引きを取らないクオリティーです。もし時間が戻るなら是非、購入したい商品ですね。

2016年一覧

ポルシェ 919 ハイブリッド& 917K ピットレーン 75876

732ピース / 発売日2016/3

当時としては最新車種のポルシェ919。当時のお値段は7200円前後と普通な価格。ちなみにスピードチャンピオンが1台が2000円ぐらいの時代です。

主に造形セットが欲しかった人に好まれる商品だったでしょう。ミニフィグも4体でスピードチャンピオンとしては多め。

整備を楽しめるセットです。ギミックなども面白く今の時代でも楽しめる要素が沢山あるのが特徴ですね。

アウディ R18 e-tron クワトロ 75872

161ピース / 発売日2016/3

ル・マン・プロトタイプのレースカー。燃料タンクらしき物も付属します。当時としては実車のデザインの性質上、再現度は高めだと思います。

外観の大部分がシールなので見た目も完璧で過去のスピードチャンピオンと系統も違うため新しいもの好きな人にはとてもいい商品だったでしょう。

特に後方のリヤウイング周りの再現度は高く素晴らしいです。横幅、8ブロックで再販、リニューアルされたら流行りそうですよね。

アウディ R8 LMS ウルトラ 75873

175ピース / 発売日2016/3

アベンジャーズファン歓喜。マーベールで大人気、みんな大好きアイアンマンの映画でよく登場していた車種。R8 LMS ウルトラやR8など細かいことは省略。

街中でもほとんど見かけることがありません。この車種のように2000万を超える車自体、数年に1度しか見かけませんよね。

実車も他のスーパーカーより小さくレゴでもそこはよく再現されていますね。サイドの黒いパーツの特徴もバッチリ。トニースターク乗せたい。

シボレー カマロ ドラッグレース 75874

445ピース / 発売日2016/3

 1969年 と最新モデルのカマロです。赤のカマロの方は 普通で特に目立つ要素もなく従来のスピードチャンピオンと同じ企画の製品です。

黒カマロは前後でタイヤの大きさも違って一般的なスピードチャンピオンとは明らかに作りが違う。

僕個人の意見としては黒のカマロは他のスピードチャンピオンと違ってタイヤのアンバランス感が好きでお気に入りでした。

スピードチャンピオン フォード マスタング GT 75871

185ピース / 発売日2016/3

大人気マスタング。実車の性質上、再現もしやすく完成度はかなり高めで今の時代から評価してもホントによく出来てます。

青というのも嬉しく白のストライプデザインもよく出来ていて曲線や造形も素晴らしく高く評価したい。

クリエイターでもマスタングはありますがお値段が高額のためぜひ、スピードチャンピオンで横8ブロックで再販されて欲しいですよね。

シボレー コルベット Z06 75870

173ピース / 発売日2016/3

日本人には人気がなさそうなシボレーコルベットZ06。横幅こそ足りませんが雰囲気だけで言えば再現度は高い方です。

実写のコルベットはたまに見かける。全盛期をすぎた車ではありますが当時は超高級車だった。実写の方はフェラーリ系のスポーツモデルの

デザインでとてもかっこいいです。しかしメルセデスやアウディーなどと比べると日本人にはあまりパッとしない車ですね。

フォード F-150 ラプター&フォードモデル A ホットロッド 75875

684ピース / 発売日2016/3

今までとは系統が違いますね。正直に言うとレゴシティ系でスピードチャンピオンぽくはない。見るからに安ぽっく他のスピードチャンピオンと並べると

見劣りしてしまいます。当時は5000円前後で販売されていてコスパはいい方だったとのでそこが唯一のメリットでしょう。

実写はカッコいいので8ブロックで再販されて欲しい商品の1つです。

2017年一覧

マクラーレン 720S 75880

161ピース / 発売日2017/6

大人気のマクラーレン。デザインも同じレゴ社が作っているので過去のマクラーレンと似てる部分が多いがフロントガラス周りなどカッコよくなっています。

大きな特徴の一つはレーシングスーツを来ていないミニフィグですよね。一般道路を走るスポーツカー製品です。

小さな造形セットでドライバーを座らせてスケッチを楽しめますね。これは嬉しいですよね。

メルセデスAMG GT3 75877

161ピース / 発売日2017/3

マクラーレン全般的に言えますがデザインが明らかに他とは違います。曲線パーツも多く使っていてグレーに黄色のホイール、全てがかっこいい。

そしてこの商品では新要素が追加され先端のフロント一式が取り外しが可能となり遊び要素が大幅に追加されました。

僕も大変、気に入っているので6ブロックで昔の残党的な商品ではありますが長く大事にしたい、そんな商品ですね。カッコよすぎる。

スクーデリア・フェラーリ SF16-H 75879

184ピース / 発売日2017/3

2016年のF1カー・SF16-H 残念ながらこの年のワールチャンピオンもルイス・ハミルトン。そして商品の方ですがF1カーのその形状とフォルム上、

再現度も高くよく出来ています。遊び要素も多めでチェッカーフラッグの小さな造形セットもしっかりしており嬉しいですよね。

できることならばレッドブル、ルノーなど他も製品化して欲っかた。ミニフィグも現役のドラバーならもっと嬉しいが大人の事情で厳しそうですよね。

フォード GT & 1966 フォード GT40 75881

366ピース / 発売日2017/3

当時はスピードチャンピオンの車が2台で3000円前後でお手頃商品だった。最新のフォードと昔のフォードでミニフィグも3体と多め

なんとなく再現度は高いが実写の2016フォードのカラーリングが僕には苦手。スパーダーマンカラーなのにカッコよく見えないのは何故でしょうか?

カラーリングを除けば曲線や造形の再現度は高いので好きな方にはオススメですね。トロフィーと表彰台の造形セットは嬉しいですよね。

ブガッティ シロン 75878

181ピース / 発売日2017/3

圧倒的人気商品のブガッティ シロン。テックニックでも超高級品として商品化されていますよね。スピードチャンピオンのブガッティ シロンも再現度は高く

サイドからの見た目はホントにそのままって感じですごくいい。テールランプもゴムで再現されいて他とは完全に差別化されています。

数多くのスピードチャンピオンをネット売買で処分してきましたがこれは永遠に我が家で飾りたいと思います。

FXX K & テストセンター 75882

493ピース / 発売日2017/3

Amazonでの当時の価格は5200円前後。フェラーリは人気だから造形セットとの組み合わせで販売されたのかもしれない。

造形セットが好きな人には値段相応だがそうでない方にはただの高級品にしか見えないのが難点。しかしレゴ製品では複数セットの抱き合わせ販売は普通だから

このような販売方法には慣れる必要がありますよね。それにしもカッコよくてよく出来ていますね。

メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム 75883

941ピース / 発売日2017

もうルイス・ハミルトンの話はやめておきます。最強のF1チーム、メルセデスAMG・ペトロナス。

発売価格は10800円前後で7500円前後で販売されていた時期がありました。当時としてはコスパもよく当然、人気のチームのためファンは歓喜したでしょう。

ピースが多いと言う事もあり造形セットもかなりしっかりしており遊び要素も十分すぎる。ミニフィグが多いのも嬉しかったですよね。

2018年一覧

1968 フォード・マスタング・ファストバック 75884

183ピース / 発売日2018/3

系統が今までとはずいぶん変わりスパーカーという感じはしないが高級車に違いはない。深緑という色も珍しく凄くカッコいい。

大きな特徴としてはボンネットに大きなレゴのロゴがある。これはとても嬉しくレア感が高そうだが実はそうでもないかも。

2018年の商品なのにもかかわらず2019年では1200円ぐらいでよくセールをされていて人気がなかったのがわかる。残念だが今後、大きなレゴのロゴが入った商品は長く発売されないでしょう。

フォード・フィエスタ Mスポーツ WRC 75885

203ピース / 発売日2018/3

見た感じは安ぽいスポーツカーにしか見えないが僕のお気に入りの1台でもあります。系統が今までと違うのは勿論、車高が高いのも特徴です。

深いブルー色で見た目がホントにかっこいい。もう一つの特徴としてはボンネットの交換可能なフード。そしてこの黒くて大きな方のフードは

ポロポロとよく取れて無くしやすいので注意が必要。実写の性質上、再現度も高めでオススメの1台です。

488 GT3 スクーデリア・コルサ 75886

179ピース / 発売日2018/3

圧倒的人気のフェラーリ。2017年とは違い単品での販売に戻りました。造形セットの抱き合わせ販売が上手くいかなかったのでしょう。

横幅こそ足りないが従来のスピードチャンピオンと違って企画が少しマイナーチェンジしてるため実写の再現度は大幅に上がっている。

女性ドライバーも珍しくとても嬉しい。付属品のトロフィーもデザインが一新されていて嬉しいですよね。歴代フェラーリの中でも特にオススメ。

ポルシェ 919 ハイブリッド 75887

163ピース / 発売日2018

どう見ても2016年のアウディ R18 e-tron クワトロ 75872と同じに見えるのは僕だけでしょうか?パッと見た感じは2016年のモデルとの違いがわからないので

視覚的な新要素はないかもですが組み立てることによって違う発見があるのかもしれませんね。

造形セットの信号やPCは嬉しいですよね。他は何とも言えませんがこのモデルタイプの車は人気があったため過去のデザインを取り入れたのかもしれませんね。

ポルシェ 911 RSR と 911 ターボ 3.0 75888

331ピース / 発売日2018

ミニフィグは3体と多めで造形セットもよく出来ています。緑のポルシェの方は再現度が高めで黄緑色もいい。テールランプの組み方も面白いです。

スピードチャンピオンはデザインがどれも似ているので色で差別化してくれるのは嬉しい。白のポルシェは再編度は低めだが組み方や造形も違って

飽きないように工夫されています。ここは大きく評価したです。

フェラーリ・アルティメット・ガレージ 75889

841ピース / 発売日2018

ここまで長くレビューさせていただきましたがこれはとんでもない商品です。フェアラーリが3台も付属して立派な造形セットもあり

お値段も9000円前後で長く販売されていました。2019/1現在でもAmazonで1万前後の価格なのでとてもオススメです。

しかし残念な点もあり横幅6ブロックのスピードチャンピオンは古いというのが僕の主観です。気分を悪くされた方がいたら申し訳ございません。

スピードチャンピオン6ブロック商品としてはNO.1と言ってもいいでしょう。

2019年一覧

1974 ポルシェ 911 ターボ 3.0 75895

180ピース / 発売日2019

2018年に発売された黄緑ポルシェと全く同じで色が違うだけになっています。しかし全く同じだとは言わせなぞというレゴ社の策略もある。

一部、部品と組み方が黄緑ポルシェと違うが事実上の違いは色だけです。そしてフライングでの発売で他のスピードチャンピオンとは発売された時期は違った。

ただの色違いの商品ではあったがポルシェの雰囲気もよくでて白という清潔感のある色が何とも言えない。

 F40 コンペティツィオーネ 75890

198ピース / 発売日2019

クリエイターでも販売されているF40。かなり古い車種なのに今だに大人気ですよね。横幅こそ6ブロックですが再現度も高くかっこいいです。

実写との相性もよくレゴで再現しやすいのも特徴ですよね。リヤウイングやテールランプなど組み替えができる所も多く 

遊び要素も他のフェラーリより多くフロント部分も組み替えが可能。ぜひ8ブロックで商品化して欲しいですよね。

シボレー カマロ ZL1 レースカー 75891

198ピース / 発売日2019

新要素が多く追加されたシボレー カマロ。プリントのホイールカバーや燃料タンク、エンジン部分のパネルの開閉など遊び要素が多めです。

運転席にも新要素があり目新しさが多くとてもいい。実写の再現度もよく出来ています。フロント部分の造形もよく出来ており

よく僕の動画でも出てきていましたよね。乱雑に扱っていても壊れにくい組み方なので安心して遊ぶことも出来ます。

マクラーレン・セナ 75892

214ピース / 発売日2019

見た目が他の商品とは明らかに違います。凄く話題にもなったし人気もありました。組み方も独特でかなり力が入った商品です。

フロント部分は勿論、サイドの造形やリヤウイング、全てが新要素と言っても過言ではありません。実写との再現度は低いですがスピードチャンピオンとしては

歴代N0.1と言ってもいいでしょう。6ブロック製品としてここまで完成度が高い商品は他にはありません。さすが最後の6ブロックマクラーレンですね。

2018 ダッジ・チャレンジャー SRT デーモンと 1970 ダッジ・チャージャー R/T 75893

464ピース / 発売日2019

久しぶりの黒のスピードチャンピオンですね。 黄色の方はパッと見た感じは一見、普通に見えますがボンネットが少し浮いてて隙間が少しあるのが 

特徴ですね。黒の方はデザインがこれまでのスピードチャンピオンと違って曲線がほぼなくクラシックな感じがとてもいい。

女性のミニフィグも嬉しいしこの信号機のような造形セットもギミックがしっかりしており中型商品のため遊び要素も多め

1967 ミニクーパー S ラリーと 2018 ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・バギー 75894

464ピース / 発売日2019

赤の方はサイズがミニで話題にもなって人気もありました。コンパクトで小さいのに作りもしっかりしていて上にあるタイヤはゴムで固定されています。

緑の方はあまり話題にならなかった。スピードチャンピオン風でもないし路線が少し違う。ゴムを使ったギミックでバウンドするのが大きな特徴。

ミニフィグも4体と多めで造形セットもあり充実した内容です。

最後までご覧くださりありがとうございます( ^∀^)

YouTubeにもあげているのでご視聴&チャンネル登録もお願いします♪( ´θ`)

でわ、次の記事でお会いしましょう。またね、バィバィ〜☆

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 56778-150x150.png です
最新情報をチェックしよう!

スピードチャンピオンの最新記事8件

>最高の玩具「LEGO」

最高の玩具「LEGO」

本当にlegoラーやお子様のためになるONLY.1のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、喜んで承っております!